沿革

1998年7月 有限会社シニアケア・スタッフ研修所を兵庫県尼崎市に設立
資本金300万円、代表取締役 横尾英子
1998年10月 尼崎市南塚口町1-20-17 に3階建ての研修所を建設し、訪問介護員養成研修事業を開始
2000年12月 年間売上高1億円を達成
2001年3月 有限会社シニアケア塚口を設立し、尼崎市南塚口町8-3-15 にて、認知症対応型共同生活介護事業(グループホーム)、2ユニット開設
資本金300万円、代表取締役 横尾英子
2002年12月 研修所隣の土地を駐車・駐輪場として取得
2002年7月 尼崎市南塚口町1-20-8 にて、デイサービス事業「シニアケア花の家」を開所
2003年5月 有限会社シニアケア・スタッフ研修所と有限会社シニアケア塚口を合併し、「有限会社シニアケア」に社名変更
資本金600万円、横尾能範が代表取締役社長に就任
2003年10月 尼崎市南塚口町8-3-21 にてグループホーム「シニアケア・サザン塚口」2ユニットを開所
2003年12月 年間売上高2億円を達成
2007年9月 シニアケア研修所に「シニアケア・スタッフ紹介所」を併設し、介護員を主とする紹介派遣事業を開始 
2010年3月 尼崎市南塚口町7-29-35 に戸建てを購入し、デイサービス「シニアケア花の家」を移転
2011年4月 シニアケア花の家事業所内に、居宅介護支援事業「シニアケアプランセンタ」を併設
2011年7月 横尾能範が代表取締役会長に、横尾英子が代表取締役社長に就任
2012年12月 年間売上高2億7000万円を達成
2016年7月 本社をシニアケア研修所西隣に移転
2018年7月 有限会社シニアケア20周年