06-6428-5261
営業時間 8:30〜17:30 定休日:土・日・祝
  • 2014年人口動態統計:「肺炎」が女性の死因5位に後退―厚労省

    ~厚生労働省は9月3日、2014年の人口動態統計の確定版を公表した。
    それによると、全体の死因順位の上位5つは、前年と同じく、1位「悪性新生物」、2位「心疾患」、3位「肺炎」、4位「脳血管疾患」、5位「老衰」であった。

    ただし男女別では、次の通りであった。
     【男性】
    1位「悪性新生物」、2位「心疾患」、3位「肺炎」、4位「脳血管疾患」、5位「不慮の事故」
     【女性】
    1位「悪性新生物」、2位「心疾患」、3位「脳血管疾患」、4位「老衰」、5位「肺炎」

     目立つのは肺炎の順位だ。調査結果を遡れる1994年以来、女性の死因は肺炎が4位を占めていたが、今回はじめて5位に後退した。
     一方、男性も長く肺炎が4位であったが、2008年にはじめて脳血管疾患を押しのけ3位に浮上。以来、男性の死因3位は肺炎で定着している。